お得に借りる方法

時間を気にせず観光地巡り

木の車

枚方は万博の跡地としても太陽の塔等で有名な場所です。百済寺跡などたくさんの寺があり、情緒豊かな街並みがひろがっています。枚方を観光旅行する際には、レンタカーを活用しましょう。レンタカーであれば、時間や移動に制限がないので、効率良く自分の好きなタイミングで移動することができます。枚方でレンタカーを借りる場合、リーズナブルな格安のお店もあり、24時間利用しても5000円程度の費用で済みます。ワゴン車はそれ以上の金額になりますが、大人数の場合は、人数分の電車賃や歩く手間を考えたら、かなりリーズナブルな金額だといえるでしょう。更に料金を抑えたい場合には、インターネットの公式サイトから予約すると割引になったり、割引キャンペーンを行っていることもあるのでチェックしてみましょう。道が分からないという人や、小さなお子様連れの方でも、安心してレンタカーを借りることができます。レンタカーは、カーナビやチャイルドシート、補償のオプションをつけることができるので、必要に応じて申し込みましょう。枚方市内のレンタカー会社ヘは、ネットで24時間365日、いつでも予約することができます。パソコンだけでなく、携帯電話やスマートフォン専用のページも用意されているので、手軽に利用できます。頻繁にレンタカーを借りる予定がある場合には、先に会員登録をしておけばさらに簡単に予約できます。レンタカーの申し込みには特に制限はありませんが、免許修得の時期によって借りる際に厳しい規定がありますので、注意してください。レンタカーを借りる際は運転免許証と本人を確認する書類等が必要になるので、忘れずに持参しましょう。

負担額は割と大きい

家族

枚方でレンタカーを借りて、万が一事故を起こしてしまったときは、まず相手の無事を確かめることが第一の行動です。負傷している場合、体の状態によっては救急車を呼びます。そしてレンタカーを安全な場所に動かしたら、警察への通報です。後で保険金申請するために事故証明書が必要ですから、軽い事故であっても通報して事故を公的に証明してもらいます。なお、駐車場など公道以外の場所で起きた場合は、店舗の従業員に事故証明書を書いてもらうことになります。事故相手と名前や連絡先などを交換したら、枚方のレンタカー会社への連絡です。レンタカー会社に事故の報告をする前に、個人的に示談交渉をするのは避けます。示談した場合は保険が利かなくなり、全額支払わなければいけません。ただし、枚方のレンタカー会社が加入する保険で全額賄われるわけではなく、補償額を超えた場合は利用者が負担することになります。他の負担額は、保険で下りる対物補償や車両補償額の内それぞれ5万円の免責額と、ノン・オペレーション・チャージです。ノン・オペレーション・チャージとは、枚方のレンタカー会社が破損や汚損された車両を業務に使えない間の補償金です。その額は、車両が自走でき店舗まで返しにいける場合は2万円、自走できずレッカーの場合は5万円が必要となります。ただ保険に加入していないとそれ以上の負担になってしまうため、レンタカーを借りるときには、万が一に備えて保険への加入を行なっておきましょう。そうすれば、少しのへこみやキズだけでなく、大きな事故を招いてしまったときでも安心出来ます。

トラブルが起こった時の対処法

女の人

レンタカーは出かけ先の移動を、便利にしてくれるサービスです。旅行や出張などに出かけた先でも、レンタカーを利用する事で気兼ねなく移動できます。再開発が進み多くの方が訪れるようになった、大阪の枚方市でも車両をレンタルする事が可能です。枚方市で車両のレンタルを行っている会社は、全国展開している大手の所ばかりなので、安心して利用できるでしょう。ただ、便利なレンタカーですが、場合によっては借りた事でトラブルも起こります。レンタカーで起こり得るトラブルには、どのような事が挙げられるのでしょうか。多いトラブルが、車両に傷をつけてしまったというトラブルです。初めて枚方市で車の運転をするという方の場合、道に慣れていないので、傷をつけてしまう事故を起こしてしまう可能性があります。もし、枚方の道路でレンタカーに傷をつけてしまった場合、どのような行動を取るのがベストなのか事前に知っておくと、もしもの時も安心です。擦ってしまったという微細な傷でも、必ず届け出なければいけません。まずはレンタカーを借りた営業所に連絡を行います。営業所だけでなく、必ず警察へも届けるようにしましょう。ちょっと擦った程度の傷だと、ついつい警察に届けるのは止めようと考えてしまいがちですが、この考えたかは間違いです。警察に届けなかった場合、事故証明書が発行されないので保険がおりません。すると、レンタカー会社によっては修理の費用として、高額な金額を請求されてしまうケースがあるのです。ちょっとした傷でも必ず、届け出るようにしましょう。